*

だんじり 日記 普段の日常 趣味

コロナ2年目と、日本の祭り文化。

メジャーでも抑えを務めて大活躍した斎藤隆氏が古巣の横浜から「もう帰ってこなくていい」と言われていたという記事を見ました。きっとめちゃくちゃ大変だったと思いますが、反骨心と帰る場所を失ったという事実がまた彼の活躍を後押ししたのかもしれませんね。

こんにちは!ドラッグストアで鍼治療という健康グッズ?を見つけたのでブログネタに使おうと決めて写真を撮った鍼灸師のだんじょーです。

使ったことも使う予定もないので効果のほどはよくわかりません。

今日の黒板はこんな感じでした。

まだ3月なのに半袖Tシャツ姿になって「 夜になると冷えるな~ 」と呟いている浅野くんという友達が居ます。

皆さまは冷やさぬよう、よろしくお願い致します^^

コロナ2年目と、祭り文化

先日日曜日は、朝からこちらへ。

お世話になっている東大阪市・横沼町さんの三枚板( だんじりの部位名 )新調入魂式へ行かせていただきました。

たくさんの方がボクの鍼灸院へも足を運んで下さり、また多くの方をご紹介いただいております。いつも本当にありがとうございます。

▼そしておめでとうございます

残念ながら三枚板は拝見することが出来ませんでしたが、今までは当たり前のようにお会いしていた方々のお顔を見ることが出来て嬉しかったです。

コロナ元年だった去年は全国的に祭が中止。

だんじりに限らずたくさんのお祭りが中止になりましたが、コロナ2年目となる本年度は青森のねぶた祭も開催するそうですし、少しずつ、少しずつではありますが風向きが変わってきつつあります。

▼岸和田でも入魂式を開催

▼富田林でも

▼忠岡でも

まだまだ気を付けないといけないこともたくさんありますし、賛否両論ありますが、少しずつでも前に進む必要はあるのかなと。

飲食店さんだったら「 5年続けばすごい 」と言われる中にあって、何百年も続くこの素晴らしき日本の祭り文化。

たかだか数十年生きた我々よりも日本の祭り文化は、より多くの感染症と対峙してきた歴史があります。

その中で途絶えずに続いているということは、このような大変な状況にあっても前を見て、祭を楽しみ、町の方々や日本に勇気や元気を届ける方々がいたからなんだろうなぁと感じています。

以前のように祭を楽しむためにはまだまだやるべきことはたくさんありますし、見る側の方の配慮も必要だと思いますが、少しずつ前に前に進めていきたいですね。

本日は以上です!それではまた明日~♪

 

城東区・段上はり灸治療院は、
からだの緊張やこわばりをゆるめて自律神経を整え、薬に頼らない健康的な状態へと
体質を整えていく鍼灸院です

慢性の頭痛や不眠症、
メニエール病などの自律神経症状をはじめ、
美容鍼妊活に関しては
お力になれる自信がありますので、

今よりもっと生活を明るくしていきたい方は
お気軽にご相談下さいね^^

◆ネット予約はこちら

日々のつぶやきはTwitter
カフェやだんじりなどの好きなことはinstagramにておこなっております
公式ホームページはコチラ

段上 功

段上 功
段上 功
1985年大阪市生まれ。1児のパパ。ホルモンバランスの乱れ・自律神経症状を専門に対応する鍼灸師。明治東洋医学院の講師を務める並川一利氏に弟子入りし、4年間ほぼ無給で鍼灸治療を学ぶ。学生時代、お付き合いしていた女性がうつ病になり、鍼灸とカウンセリングで社会復帰をサポートした経験から、毎日何かに向き合い頑張る方が「 周りの目を気にせず、ほんの少し息を抜ける場所 」を作るため、地元・城東区鴫野に鍼灸院をオープン。おひとりずつの1日6名様のみ。500人規模のフェス「 縁日BBQ 」を主催。「 だんじり祭鍼灸師 」としてSNSでの発信を積極的におこない、ブログは6年間毎日更新中!SNS・ブログでの発信、鍼灸施術についてのアドバイスや講演も。元モデルの長姉、着付け講師の次姉の影響か、オシャレカフェやスイーツに目がない女子力高めな面も。

-だんじり, 日記, 普段の日常, 趣味