*

日記 趣味 野球

それでも抑えはマクガフ投手。5つのプロリーグで抑えを務めた指揮官がもたらした、東京ヤクルトスワローズ日本一の座。

楽しかった日本シリーズが終わりましたが、プロ野球ファンにとっては今度はFAでの移籍や残留といったニュースがこのオフの楽しみ。選手が意中の球団に居続けてくれることが一番嬉しいですが、選手の将来を考えると色んなチームを経験する方がいいのかなとも思います。

こんにちは!口元が見えるマスクをしているアナウンサーの口元が吐息でこもって見えにくい姿をテレビで見てほっこりしている鍼灸師のだんじょーです。

東京ヤクルトスワローズが20年ぶり6度目の日本一

5時間を超える大熱戦。

ヤクルトが王手をかけたゲームでオリックスに競り勝ち、20年ぶり6度目の日本一を決めました。

両チームともに若い力が躍動、中堅・ベテラン・助っ人外国人が脇を固め、毎試合ハラハラドキドキする展開。

ここ近年はパ・リーグが圧倒的な強さを見せていたため、これだけ「 日本シリーズが終わってほしくない 」と感じたのは久々、いや、初めてかもしれません。

それぐらい両チームともに素晴らしい戦いでした。

▼将来日本の4番を背負う男・村上選手も涙を流していましたね

ペナントレースから見てきて、この日本シリーズも含め、ヤクルトのこの日本一はやはり高津監督の手腕が大きかったんじゃないかなと感じました。

シーズンでは若手の奥川・高橋投手が一番力を発揮できる形で起用し、日本シリーズではここ一番の大事な場面で起用。

彼らが結果を残したことで、この経験や自信は今後大きくヤクルトの力になるはず。

また、1戦目、5戦目に負け投手となった抑えのマクガフ投手を6戦目にも起用。

なかなか使いづらい状況でも最後まで彼にマウンドを託した高津監督は、長く抑えを務めた経験があるからこその起用だったのかなと感じました。

実際にマクガフ投手には「 ボクは全く気にしていない。抑えはあなたに任せている。 」と伝えたそう。

かつて日本だけでなくアメリカメジャーリーグでも活躍、その後韓国、台湾、日本の独立リーグと「 5つのプロリーグ 」でストッパー( 抑え )を務めた指揮官。

「 環境やレベルの違いはあるが、9回の重さはどこも一緒。だから楽しい。 」という誰も歩んだことのない道を経験した監督だからこそ、苦しい場面を勝ち切ることが出来たのでしょうね。

2年連続最下位からの日本一、本当におめでとうございます!!

最後まで素晴らしい戦いを見せてくれたオリックスの皆さまも本当にありがとうございました!!

野球って楽しいですね^^

本日は以上です!それではまた明日~♪

 

記事が良いなと思ったら人に紹介してもらえたり、いいねやシェアをしていただけたら嬉しいです^^

城東区・段上はり灸治療院は、
からだの緊張やこわばりをゆるめて自律神経を整え、薬に頼らない健康的な状態へと
体質を整えていく鍼灸院です

慢性の頭痛や不眠症、
メニエール病などの自律神経症状をはじめ、
美容鍼妊活に関しては
お力になれる自信がありますので、

今よりもっと生活を明るくしていきたい方は
お気軽にご相談下さいね^^

◆ネット予約はこちら

日々のつぶやきはTwitter
カフェやだんじりなどの好きなことはinstagramにておこなっております
公式ホームページはコチラ

段上 功

段上 功
段上 功
1985年大阪市生まれ。1児のパパ。ホルモンバランスの乱れ・自律神経症状を専門に対応する鍼灸師。明治東洋医学院の講師を務める並川一利氏に弟子入りし、4年間ほぼ無給で鍼灸治療を学ぶ。学生時代、お付き合いしていた女性がうつ病になり、鍼灸とカウンセリングで社会復帰をサポートした経験から、毎日何かに向き合い頑張る方が「 周りの目を気にせず、ほんの少し息を抜ける場所 」を作るため、地元・城東区鴫野に鍼灸院をオープン。おひとりずつの1日6名様のみ。500人規模のフェス「 縁日BBQ 」を主催。「 だんじり祭鍼灸師 」としてSNSでの発信を積極的におこない、ブログは5年間8ヶ月毎日更新中!SNS・ブログでの発信、鍼灸施術についてのアドバイスや講演も。元モデルの長姉、着付け講師の次姉の影響か、オシャレカフェやスイーツに目がない女子力高めな面も。

-日記, 趣味, 野球