*

仕事への想い 日記 普段の日常

全国的に発行枚数が減少。年賀状をいただいて感じたこと。

ロッテ・安田選手、日本ハム・清宮選手といった他球団の若手と自主トレをおこなっているソフトバンクの柳田選手。記者から届いた「 他チームの選手が成長して打っても大丈夫なのか 」という質問に「 そしたらボクが打ち返せばいい 」と答えていて、彼はやっぱり超一流の選手だなって感じました。

こんにちは!せんねん灸太陽を肩に貼ってブログを書いている鍼灸師のだんじょーです。

今日の黒板はこんな感じでした。

江口洋介さんを見て「 ひとつ屋根の下 」「 あんちゃん 」「 サボテンの花 」が浮かんだ方はボクと同世代か( 昭和60年前後 )、少し先輩の方かもしれませんね。

あの頃のドラマ、特に面白かったですね^^

年賀状をいただいて感じたこと

12月に何度かこのブログでお伝えしていた年賀状のメッセージ書き。

感謝の気持ちを込めて、一言ではありますがおひとりおひとりメッセージを書かせていただき、無事に期限内である12月25日に投函することが出来ました。

鍼灸のことは「 見て学べ 」「 図書館で調べろ 」「 自分で稽古しろ 」としか言わなかった師匠から「 年賀状は元旦に届くように書きなさい 」と何度も何度も何度も言われていたのですが、皆さま無事にお手元に届いたでしょうか?

ただ、毎年のことではあるのですが、引っ越し等々の住所変更で結構な枚数がこちらへ戻ってきました。

SNSなどでつながっている方も多くご住所を伺うことは可能なのですが、個人情報なのでそれはせず、またもし次回お越しいただくことがあれば新しいご住所を教えていただければ嬉しいです。

お届け出来ず、申し訳ありません。

そんな年賀状も、全国的に見て今年はより一層送る方が減っていたとのこと。

年々手紙のやり取りも減っていますもんね。そうなる気持ちもすごくよくわかります。

ですが有難いことに今年もたくさんの方から年賀状をいただきました。

載せていませんが、家の方にも届いた年賀状も合わせると本当に多くの枚数をいただきました。

ありがとうございます。

いただいて思うのはやはりデジタル( LINEなど )のメッセージより、年賀状の方が届いた時の嬉しさはあるものだなぁと。

もちろんLINEも嬉しいです。だけど年賀状の裏面にひと言メッセージが書かれてあると、よりあたたかい気持ちになる自分がいました。

いずれは年賀状ももっともっと送り合う数が減って、今以上に衰退していくかとは思いますが、誰かのためを思ってペンを走らせる、こういう日本的なコミュニケーションはやっぱり素敵ですよね。

年賀状というものを送らなくなる時がやってくることもあるかもしれませんが、こういうコミュニケーションは大切にしていきたいなと改めて感じました。

本日は以上です!それではまた明日~♪

 

記事が良いなと思ったら人に紹介してもらえたり、いいねやシェアをしていただけたら嬉しいです^^

城東区・段上はり灸治療院は、
からだの緊張やこわばりをゆるめて自律神経を整え、薬に頼らない健康的な状態へと
体質を整えていく鍼灸院です

慢性の頭痛や不眠症、
メニエール病などの自律神経症状をはじめ、
美容鍼妊活に関しては
お力になれる自信がありますので、

今よりもっと生活を明るくしていきたい方は
お気軽にご相談下さいね^^

◆ネット予約はこちら

日々のつぶやきはTwitter
カフェやだんじりなどの好きなことはinstagramにておこなっております
公式ホームページはコチラ

段上 功

段上 功
段上 功
1985年大阪市生まれ。1児のパパ。ホルモンバランスの乱れ・自律神経症状を専門に対応する鍼灸師。明治東洋医学院の講師を務める並川一利氏に弟子入りし、4年間ほぼ無給で鍼灸治療を学ぶ。学生時代、お付き合いしていた女性がうつ病になり、鍼灸とカウンセリングで社会復帰をサポートした経験から、毎日何かに向き合い頑張る方が「 周りの目を気にせず、ほんの少し息を抜ける場所 」を作るため、地元・城東区鴫野に鍼灸院をオープン。おひとりずつの1日6名様のみ。500人規模のフェス「 縁日BBQ 」を主催。「 だんじり祭鍼灸師 」としてSNSでの発信を積極的におこない、ブログは6年間毎日更新中!SNS・ブログでの発信、鍼灸施術についてのアドバイスや講演も。元モデルの長姉、着付け講師の次姉の影響か、オシャレカフェやスイーツに目がない女子力高めな面も。

-仕事への想い, 日記, 普段の日常