*

カラダについて 日記 鍼灸やカラダについて

人のからだは、乗り換えの出来ない車みたいなもの。

広島からメジャーリーグ・カブスへ移籍した鈴木誠也選手が1安打2四球の大活躍。ヒットを放ち、塁にも出る。日本時代の彼と変わらない活躍を1戦目から出来たのは大きいですね。これからものびのび楽しく取り組んでほしいですね。

こんにちは!肩くびが凝った時に自分と同じような感覚でハリを打ってくれる存在が欲しいなと思っている鍼灸師のだんじょーです。

今日の黒板はこんな感じでした。

どうやらボクのスマホのギャラリーには3405枚も自撮り写真がありました。以後気を付けます!!

人のからだは、乗り換えの出来ない車みたいなもの。

施術はしていないのですが、先日、松葉杖をついた方がご相談に来られました。

あまりにも痛そうだったのでお話を聞くと去年8月に股関節のある手術をされたそう。

それから入院し、退院してから整形外科さんにてリハビリに通っていたけれど思ったように回復せず、むしろ手術前より痛くなっていると。( 前とは少し違う痛み )

でも検査上は完治しているとのことで「 筋力が弱っているのでしっかり歩いて、家でもトレーニングして下さい 」と言われて、毎日痛い方の足で片足立ちの運動をしているのにどんどん痛くなっていくとのこと。

勘の良い方ならおわかりだと思うのですが、おそらく今一番してあげないといけないことは患部を休めること

歩くのも体重を乗せるのも痛いところにより負荷を掛けてガンガン使っている状態なので、患部の気持ちで言うと「 いてぇーー!!もうやめてくれーー!! 」という感じ。

必死に「 痛みというサイン 」を送っているんだと思います。

状況や状態によっては過度な負荷がいい結果を生むこともあります。ですがやはり痛みを和らげることが先なんじゃないかなぁとボクは感じます。

実際に施術をさせていただいたわけでも、おからだの状態や動きを確認させていただいたわけじゃないので、あくまで推測ですが。

こちらのお方だけじゃなくこういったことはよくあるんです。

人間のからだって、乗り換えの出来ない車みたいなもの

車だったら故障したり長く使ったら新車に乗り換えたりできますが、人間はそうはいかない。70~80年間「 同じ車 」に乗り続けないといけない。

一見すると古い昔ながらの車を長く乗っている方って、すごく車のお手入れをしてますよね。

「 エンジン音が明らかにおかしい 」と思ってても無理して突き進んだりしませんよね。

肩を痛めて無理して使っていたら足が痛くなったとか、膝が痛くなったけど我慢していたら腰が痛くなったとか、本当によくあるのですが、痛みや不調はからだがトラブルを知らせてくれるサイン。

乗り換えの出来ない大切なおからだ。

もっともっとひどく大きなことになる前に病院に行って検査をしたり、ボクらのような鍼灸院もぜひ頼って下さいね^^

本日は以上です!それではまた明日~♪

 

記事が良いなと思ったら人に紹介してもらえたり、いいねやシェアをしていただけたら嬉しいです^^

城東区・段上はり灸治療院は、
からだの緊張やこわばりをゆるめて自律神経を整え、薬に頼らない健康的な状態へと
体質を整えていく鍼灸院です

慢性の頭痛や不眠症、
メニエール病などの自律神経症状をはじめ、
美容鍼妊活に関しては
お力になれる自信がありますので、

今よりもっと生活を明るくしていきたい方は
お気軽にご相談下さいね^^

◆ネット予約はこちら

日々のつぶやきはTwitter
カフェやだんじりなどの好きなことはinstagramにておこなっております
公式ホームページはコチラ

段上 功

段上 功
段上 功
1985年大阪市生まれ。1児のパパ。ホルモンバランスの乱れ・自律神経症状を専門に対応する鍼灸師。明治東洋医学院の講師を務める並川一利氏に弟子入りし、4年間ほぼ無給で鍼灸治療を学ぶ。学生時代、お付き合いしていた女性がうつ病になり、鍼灸とカウンセリングで社会復帰をサポートした経験から、毎日何かに向き合い頑張る方が「 周りの目を気にせず、ほんの少し息を抜ける場所 」を作るため、地元・城東区鴫野に鍼灸院をオープン。おひとりずつの1日6名様のみ。500人規模のフェス「 縁日BBQ 」を主催。「 だんじり祭鍼灸師 」としてSNSでの発信を積極的におこない、ブログは6年間毎日更新中!SNS・ブログでの発信、鍼灸施術についてのアドバイスや講演も。元モデルの長姉、着付け講師の次姉の影響か、オシャレカフェやスイーツに目がない女子力高めな面も。

-カラダについて, 日記, 鍼灸やカラダについて