*

仕事への想い 日記 鍼灸

技術職の経営に「 技術 」は必要ないのか。

プロ野球ベストナインが発表されましたが、愛する阪神タイガースからは4年連続で選出なし。投手を中心に良い選手がたくさん居るので、来年こそは一人でも多くの選手が選出されることを楽しみにしております。

こんにちは!焼肉でオススメはどこ?と聞かれてもすぐにお答えできるのですが、オススメのお寿司は?と聞かれるとくら寿司しか出てこなグルメぶってる鍼灸師のだんじょーです。

今日の黒板はこんな感じでした。

はい。思いっきり夢だったようです。ここ最近は有難いことに細かい作業が出来ないぐらいご予約をいただいていたので、今日は少し腰を下ろして色んな作業をしたいと思います。

技術職の経営に「 技術 」は必要ないのか

知り合いが行き始めた怪しいコンサルの方のページに「 鍼灸師に鍼灸の技術は必要ない。あなたちはすぐに技術に頼りたがるけれど、大事なのはしくみ。しくみをしっかり構築できればむしろ技術なんていらない。 」なんてことが書いてありました。

ボクはね、あまり好きではないので違和感を覚えたのですが、皆さまはどうでしょうか。

技術なんて不要でしょうか?それともある程度必要でしょうか?もしくは圧倒的な技術が必要でしょうか?

ボクも昔は技術が一番だよ!技術がなきゃダメなんだ!と思っていましたが、曲がりなりにも7年と少しの間治療院を経営させていただいて「 技術だけじゃない 」というのはつくづく感じております。

むしろ「 技術を目当てに来て下さる方 」はあまり多くなく「 自分自身の存在を頼って来て下さる方 」がほとんどなので「 自分を知っていただくこと 」や「 生き方や人柄 」の部分をさらけ出してしまうことの方が大事なんじゃないかなと感じております。

ですが、それだけでも経営というのは難しいもの。

ボクは今のところ細々と、かつ楽しく続けさせていただいておりますが、あくまで「 経営者 」ではなく「 技術者寄り 」なので「 大儲けしてのし上がる 」みたいな生き方は出来ないし、それを目指したいなら「 技術よりもしくみ 」に軸足を置く方が良いんじゃないかなと思っております。

先日このブログでご紹介したダルビッシュ有投手がYouTubeで550万円の広告収入を得たそう。そしてその得た収入は全額、ガンを研究する団体、片親で生活をする方を支援する団体に寄付されるそう。

だから、お金を稼ぐこと、収入を得ることは悪いことではありません。まして収入を得られるということはそれだけ「 人から求められている 」ということになりますから。

その「 求められ続けるための方法 」を考えるのが経営なんでしょうが、ボクは不器用なんであんまりよく分かりません。それに鍼灸学校に入る前から、ほぼ無給で弟子入りしてまで技術を深く学んで生きてきた人間なので「 やっぱり技術が大事なんだ 」と言いながら過ごしていたい。

経営という視点で見れば技術以外に大切なことはホントにたくさんあります。特に地域商売、居酒屋さんでも美容室さんでもネイルサロンでも「 町の小さな個人事業主 」という立場であれば、地域の行事に積極的に顔を出すというのも立派なお仕事。

つくづく技術だけじゃないというのはよく分かるのですが、技術職であるがゆえ、根底にはしっかりとした技術を自分は持っていたいなと思いますし、これから鍼灸師を目指す学生さんにも「 経営 」だけじゃなく「 技術 」という部分にも目を向けてこれからを過ごしてほしいなと思います。

昨今の時代の変化を見ながら感じたオッサン鍼灸師の戯言でしたが、本日は以上です!

それではまた明日~♪

 

城東区・段上はり灸治療院は、
血の巡りを改善して「 治すチカラ 」を高め、薬に頼らない健康的なカラダへと
体質を整えていく鍼灸院です

慢性の頭痛や不眠症、
メニエール病などの自律神経症状をはじめ、
美容鍼や妊活に関しては
お力になれる自信がありますので、

今よりもっと生活を明るくしていきたい方は
お気軽にご相談下さいね^^

日々のつぶやきはTwitter
カフェやだんじりなどの好きなことはinstagramにておこなっております
公式ホームページはコチラ

段上 功

段上 功
段上 功
1985年大阪市生まれ。自律神経の専門家。中学時代、硬式野球で全国大会に出場。右ひじを骨折し、左投げに転向。好きな野球をカラダの不調で楽しめなかった経験から「 一人でもそういった境遇の方を救いたい 」と、医療の道へ進む。明治東洋医学院の講師を務める並川一利氏に弟子入りし、4年間ほぼ無給で本格的な鍼灸治療を学ぶ。学生時代、お付き合いしていた女性がうつ病になり、鍼灸とカウンセリングで社会復帰をサポートした経験から、毎日何かに向き合い、頑張る方が「 ほんの少し息を抜ける場所 」を作るため、1日7~8名様、お一人ずつ個別に時間を取って施術をおこなう鍼灸院を2012年にオープン。紹介やSNSを通じて大阪府内だけでなく、関東や九州、四国からも来院。また、だんじりと野球をこよなく愛する「 だんじり祭鍼灸師 」としてSNSでの発信を積極的におこない、ブログは3年5ヶ月以上毎日更新中!SNS・ブログ・鍼灸についてのアドバイスや講演も。元モデルの長姉、着付け講師の次姉の影響か、オシャレカフェやスイーツに目がない女子力高めな面も。

-仕事への想い, 日記, 鍼灸