*

だんじり 日記 普段の日常

13回忌の法要と、当時生まれたばかりだった甥っ子の成長。

昨日は大阪桐蔭高校出身の選手だけで6本のホームランが出ました。夏の高校野球の予選も佳境に入ってきましたが、OBに負けない活躍をして、甲子園の舞台で躍動する姿を見せてほしいですね。

こんにちは!野球好き鍼灸師のだんじょーです。

昨日は珍しくこんな動画を。

切れちゃったので、続きはコチラ。

Twitterで「 一般の方が時々誤解しておられること 」というタグを見つけたのでちょっとやってみました。こんな感じでまたちょこちょこと動画も載せていきますね。

はい。そんな動画を仕事終わりにアップし、片付けを終えて次の予定へ。

昨日の予定は法事。12年前に亡くなったばあちゃんの13回忌で、親戚みんなで集まっていました。

ばあちゃんが生前「 ○○の住職のお経が好き 」と言っていた住職がお経を詠んで下さいました。天国までちゃんと届いてますかね。

お忙しい中、またお疲れのところお時間を調整していただき、ありがとうございました。

その後は親戚みんなでご飯へ。

そこで知った衝撃の事実。32歳のオジサンと13歳の甥っ子の身長と脚の長さがなんと…。

中学生の方が脚が長いという事実。会う度大きくなって足のサイズも27.5になってるので、一年もしたら見上げるぐらいになっているでしょうね。

▼帰り際に盛り上がる甥っ子

やたらとだんじりにハマった甥っ子。それにつられる姪っ子。家に帰ってからもその余韻はおさまりませんでした。笑

まだまだ先ですが、いつの日か兄妹囃子が聞ける日を心待ちにしています。

ちょっとだけ時間があったので他地区の祭を見に行こうかと思いましたが、それはやめて甥っ子・姪っ子と遊んでいました。

法事の時に住職もおっしゃっていましたが、13回忌を親戚みんなで迎えられたということは「 この12年それだけみんなが健康に過ごせた 」ということ。産まれたばかりだった甥っ子もこんなに大きくなりました。

こういう出来事があるとやはり色んなことを考えさせられますね。

「 生かされている 」ということを頭に置きながら、またこれからも楽しく過ごしたいと思います。

本日は以上です!それでは講習に行ってきますー♪

 

城東区・段上はり灸整骨院は、
血の巡りを改善して「 治すチカラ 」を高め、薬に頼らない健康的なカラダへと
体質を整えていく鍼灸院です

慢性の頭痛や不眠症、
メニエール病などの自律神経症状をはじめ、
美容鍼や妊活に関しては
お力になれる自信がありますので、

今よりもっと生活を明るくしていきたい方は
お気軽にご相談下さいね^^

日々のつぶやきはTwitter
カフェやだんじりなどの好きなことはinstagramにておこなっております
公式ホームページはコチラ

段上 功

段上 功
段上 功
1985年大阪市生まれ。ホルモンバランスの乱れ・自律神経症状を専門に対応する鍼灸師。明治東洋医学院の講師を務める並川一利氏に弟子入りし、4年間ほぼ無給で本格的な鍼灸治療を学ぶ。学生時代、お付き合いしていた女性がうつ病になり、鍼灸とカウンセリングで社会復帰をサポートした経験から、毎日何かに向き合い頑張る方が「 周りの目を気にせず、ほんの少し息を抜ける場所 」を作るため、地元・城東区鴫野に鍼灸院をオープン。おひとりずつの1日6名様のみ。紹介やSNSを通じて大阪府内だけでなく、関東や九州、四国からも来院。人とお店を繋ぐ500人規模のフェス「 縁日BBQ 」主催者。大和ハウス様より御協賛。だんじりと野球をこよなく愛する「 だんじり祭鍼灸師 」としてSNSでの発信を積極的におこない、ブログは4年6ヶ月毎日更新中!SNS・ブログでの発信、鍼灸施術についてのアドバイスや講演も。元モデルの長姉、着付け講師の次姉の影響か、オシャレカフェやスイーツに目がない女子力高めな面も。

-だんじり, 日記, 普段の日常