*

「 縁日BBQ 」関連 仕事への想い 日記 普段の日常 鍼灸

今年もやってきた「 年賀状先輩 」と「 鍼灸師 」との骨肉の争い。

日本ハムの天才打者・近藤選手が複数年契約を結びました。メジャーでも戦える打力を持つ選手なので球団も流出を避けたいところ。26歳から29歳という一番脂が乗る時期のこの契約は球団の判断としては素晴らしいですね。この間にまた新しい選手を育てていってほしいですね。

こんにちは!「 良かったらどうぞ 」と届く複数の2020年のカレンダー。仕事場と自分の部屋を含めても必要なのは2つ。何か違う使える物に代用した方が使ってもらえてより喜んでいただけるんじゃないかと考えている鍼灸師のだんじょーです。

今日の黒板はこんな感じでした。

こちらのブログでは昨日書いたんですけどね、ブログを見ない方向けに黒板でも書きました。

まだ空いておりますので、土曜日希望の方はお早めにご連絡下さいね^^

また今年も彼と戦う季節がやってきました…

11月3日の地車in大阪城2019をもって今年のだんじり( を出す )行事が終了となり、先日の日曜日に小屋の大掃除を行いました。

まだこれで終わりではなく明日も寄り合いがあって、町会の餅つきや歳末夜警、城東地車聯合の餅つきなど、予定は目白押し。

それでも「 オフシーズン 」に入ったので、11月からは「 縁日BBQのオンシーズン 」に入りました。

3人での打ち合わせやデザイナーさんとのやり取りを毎日おこなっていて、少しずつ前に進んできております。

▼来年の裏表紙(仮)はこんな感じ

発色が強く出ていますが、実際にプリントするともう少し明るさが消えて良い色に落ち着くかと思います。

あとは細々としたことを決めていったり、新規店舗さまや協賛企業さまとの打ち合わせなんかを順次おこなっていく感じですね。

そしてそしてその他にも進めていかなくちゃいけない案件があって、そちらに頭を持っていかれていると、完全に「 彼の存在 」を忘れていました。

▼そびえたつ年賀状先輩

この年賀状先輩は何度もこのブログで登場しているのでお分かりかと思うのですが、いつもお越し下さる郵便局で働く患者さまにお願いして購入させていただいております。

開業から5年辺りまでは11月23日をメドに年賀状の作成を始めていたのですが、去年は11月末に書き始め、今年に至っては「 発注 」が11月末になるという段取り不足ぶり。

なので急ピッチで裏面のデザインを決めて、ただいまプリンター先輩にフル稼働していただきながらブログを書いております。

基本的にはプリンター先輩が止まった時やインクが切れた時、用紙が足りなくなった時の補助役なのですが、先輩が仕事を終えた後からボクの仕事が始まります。

今年もそんなに多くないですが、それでも数百枚ほどある年賀状先輩に一言メッセージを入れていく感じなので時間は掛かります。

▼縦撮りでもなかなかの王者感

それでも1枚書くのに1分掛からないとしても、20~30分ほどあれば30枚程は書けるわけです。

1日30枚なら10日で300枚、1日20枚なら20日で400枚。年賀状を投函する日を12月25日に設定したとすれば、12月5日から書き始めれば十分に終えられる数字です。

一気に何かをこなすことは大変ですが、割り振って計算してみると、案外一日分の労力は少ないものです。

これはブログなんかでもそう。

「 1年間毎日書こう! 」と気負うから続かないだけであって「 今日の分をとりあえずしっかり書こう! 」というのを一日一日重ねていけばそんなに難しいものではありません。

ようは「 どう捉えるか 」ですね。

てな感じで自分にプレッシャーを与えている身なのでもう後戻りは出来ません。

他にも進めていく案件がたくさんある中で果たして年賀状は皆さまの元に「 元旦 」に届くのか、また途中経過も交えながらお伝えしていきますので、また楽しみにしていて下さいね^^

本日は以上です!それではまた明日~♪

 

城東区・段上はり灸治療院は、
血の巡りを改善して「 治すチカラ 」を高め、薬に頼らない健康的なカラダへと
体質を整えていく鍼灸院です

慢性の頭痛や不眠症、
メニエール病などの自律神経症状をはじめ、
美容鍼や妊活に関しては
お力になれる自信がありますので、

今よりもっと生活を明るくしていきたい方は
お気軽にご相談下さいね^^

日々のつぶやきはTwitter
カフェやだんじりなどの好きなことはinstagramにておこなっております
公式ホームページはコチラ

段上 功

段上 功
段上 功
1985年大阪市生まれ。自律神経の専門家。中学時代、硬式野球で全国大会に出場。右ひじを骨折し、左投げに転向。好きな野球をカラダの不調で楽しめなかった経験から「 一人でもそういった境遇の方を救いたい 」と、医療の道へ進む。明治東洋医学院の講師を務める並川一利氏に弟子入りし、4年間ほぼ無給で本格的な鍼灸治療を学ぶ。学生時代、お付き合いしていた女性がうつ病になり、鍼灸とカウンセリングで社会復帰をサポートした経験から、毎日何かに向き合い、頑張る方が「 ほんの少し息を抜ける場所 」を作るため、1日7~8名様、お一人ずつ個別に時間を取って施術をおこなう鍼灸院を2012年にオープン。紹介やSNSを通じて大阪府内だけでなく、関東や九州、四国からも来院。また、だんじりと野球をこよなく愛する「 だんじり祭鍼灸師 」としてSNSでの発信を積極的におこない、ブログは3年5ヶ月以上毎日更新中!SNS・ブログ・鍼灸についてのアドバイスや講演も。元モデルの長姉、着付け講師の次姉の影響か、オシャレカフェやスイーツに目がない女子力高めな面も。

-「 縁日BBQ 」関連, 仕事への想い, 日記, 普段の日常, 鍼灸