*

お肉 城東区や鴫野のこと 日記 普段の日常

友達に「 モーレツな焼肉好き 」が居るさまざまな代償と、利点。

阪神の原口選手が大腸がんで患っていることを告白しました。26歳という若さなのに本当に驚きましたね。人生何が起こるかわからないということを改めて感じますし、原口選手にはガンに負けないように頑張ってほしいですね。

こんにちは!中学校の運動会でハードルの運動会記録を更新した直後、別の同級生が記録を塗り替えて1ミリたりとも褒めたたえられる瞬間がなかった鍼灸師のだんじょーです。

医療の発達により平均寿命は圧倒的に伸びているので問題視されている老後の資金。

20年ほど老後を「 蓄えで過ごす 」ということは現実的に厳しいので、長く働く、すなわち「 長く働ける健康な身体を維持する 」ということがこれからの時代をスマートに生き抜くテーマ。

その意味で言えば「 自分の身体や生活状態を知っている人が居る価値 」というのはこれからより高まっていくはずなので、ボクらのような人の健康に携わる仕事をしている人間は、その大切さを一人でも多くの方に届けていかないといけないんじゃないかなと思っております。

という壮大な宣伝をしておりますのでお困りの方はぜひともご相談下さいね^^

( しんきゅうコンパスページはコチラ )

今日の黒板はこんな感じでした。

友達が紹介してくれたスマホ修理のお仕事をする男性。別の機器のトラブルでご相談させていただいてんですが、要らない部品を掻き集めてスマホを作ったそうで、写真はインカメしか出来ないそう。笑

それでも「 スマホを自分で作る 」という発想なんて凡人にはないので、素晴らしいプロモーションですよね。

はい。そんな昨日はまたまたお肉を食べに行ってきました。

▼熊本の馬刺し

もちろん「 お肉あるところに必ず現れる 」と言われる肉スタグラマーこと、浅野広大氏も一緒でした。

▼ナナメに構える浅野氏

「 多い時は週に6回焼肉を食べている 」彼ですが、Instagramはお肉の投稿ばかりがズラッと並び、会う人会う人にお肉について解説しているので「 一緒に焼肉に行きましょう! 」と何百人の人に声を掛けられているそう。

基本的に共通の友人が多いのでボクらにも声が掛かり、ここ近年は彼の影響でお肉を食べる機会が圧倒的に増えていてその度に交際費がかさんでいくので、そろそろ彼に損害賠償を請求しようと考えております。笑

▼お肉を撮りながら嬉しそうな浅野氏

今回お声を掛けてくれたのは、去年の縁日BBQにも出店してくれた中学の同級生のりちゃん。

一緒に焼肉を食べに行くのは初めてだったので最初は新鮮だったようですが、モーレツにお腹が減っているタイミングで最初の塩タンが届こうが、アツアツに仕上がったお肉が届こうがお構いなしにパシャパシャと写真を撮り続ける姿を見て、開始数分で少し呆れ気味な表情を浮かべていました。

▼お気持ちよくわかります。笑

写真を撮り始めると「 モード 」に入ってしまうので、周りで何をしようが全く目に入ってこないフリータイムに入るので、それはそれで周りの人間にはおもしろい時間帯であります。

▼上からカメラをかざすのりちゃん

昨日行った「 黒毛和牛こうりえん 」さんはそんなのりちゃんの知り合いのお店なんですが、元々はトップレベルでバレーボールをされていた方。

身長もボクより20センチほど高い196センチとのこと。

色々話をしているとボクたちの地元の後輩( かつて栗原恵と一緒にバレーをしていた子 )とつながっていたり、ブログ塾の枚方の方とつながっていたり、またアルバイトで来ていた今季からアメリカのNFLでチアリーディングに挑戦する女性と肉スタさんの仕事場の方がつながっていたりで、話が盛り上がる盛り上がる。

人と人は大体どこかでつながっていて、それをキッカケに仲良くなるスピードって早くなるな~なんて改めて思ってました。

そんな話で言えばボクたち3人( 縁日BBQの企画者、中西・浅野・段上 )とのりちゃんも、同級生でありながら仲良くなったのは大人になってから。

いや、それこそまだ3年程。

それもキッカケはSNSで、Facebookでのりちゃんとつながった時に京橋でお店をしていることを知り「 どの辺でやってんの? 」とメッセージして、その数日後に足を運んだことから始まります。

そこからボクの治療院にも来てくれて、これまでにビックリするほどたくさんの方をご紹介してくれています。ホントにビックリするほどに。笑

またボクたち3人が企画した縁日BBQにも参加してくれましたし、大阪エヴェッサの試合も見に行ってくれたり、飲みに行ったりと、急速に仲が深まっていきました。

まさかあの時はここまでの仲になるとは思っていませんでした。結局何がどこでどうつながって、どうなっていくかってホントにわかりませんよね。

それでもやっぱり感じるのは人のつながりの大切さ。もちろん無理につながるとかじゃないんですけど、色んなところに顔を出して、人と会ってしていると予期せぬ色んな面白いことが起こってくるのは実際に体感していてめちゃくちゃ感じます。

なのでこれからも変わらずたくさん外に出ていきたいと思います。あ、その前に肉スタグラマーに損害賠償を請求して。笑

最後になっちゃいましたが、そんな楽しい時間を一緒に過ごした同級生ののりちゃんがやっているお店、京橋・灯さんが、4月28日(日)をもって閉めちゃうそう。

「 沖縄へ移住する 」というのりちゃんらしい選択をするわけですが、お店自体は残念ながらなくなっちゃうので、顔見知りの方、縁日BBQに参加してコーヒーや白玉だんごをご馳走になった方、興味あるけど一度も行ったことがないという方はぜひ一度足を運んでみて下さいね^^

( 灯さんのページはコチラ )

本日は以上です!それではまた明日~♪

 

城東区・段上はり灸治療院は、
血の巡りを改善して「 治すチカラ 」を高め、薬に頼らない健康的なカラダへと
体質を整えていく鍼灸院です

慢性の頭痛や不眠症、
メニエール病などの自律神経症状をはじめ、
美容鍼や妊活に関しては
お力になれる自信がありますので、

今よりもっと生活を明るくしていきたい方は
お気軽にご相談下さいね^^

日々のつぶやきはTwitter
カフェやだんじりなどの好きなことはinstagramにておこなっております
公式ホームページはコチラ

段上 功

段上 功
段上 功
1985年大阪市生まれ。自律神経の専門家。中学時代、硬式野球で全国大会に出場。右ひじを骨折し、左投げに転向。好きな野球をカラダの不調で楽しめなかった経験から「 一人でもそういった境遇の方を救いたい 」と、医療の道へ進む。明治東洋医学院の講師を務める並川一利氏に弟子入りし、4年間ほぼ無給で本格的な鍼灸治療を学ぶ。学生時代、お付き合いしていた女性がうつ病になり、鍼灸とカウンセリングで社会復帰をサポートした経験から、毎日何かに向き合い、頑張る方が「 ほんの少し息を抜ける場所 」を作るため、1日7~8名様、お一人ずつ個別に時間を取って施術をおこなう鍼灸院を2012年にオープン。紹介やSNSを通じて大阪府内だけでなく、関東や九州、四国からも来院。また、だんじりと野球をこよなく愛する「 だんじり祭鍼灸師 」としてSNSでの発信を積極的におこない、ブログは3年5ヶ月以上毎日更新中!SNS・ブログ・鍼灸についてのアドバイスや講演も。元モデルの長姉、着付け講師の次姉の影響か、オシャレカフェやスイーツに目がない女子力高めな面も。

-お肉, 城東区や鴫野のこと, 日記, 普段の日常