*

仕事への想い 日記 普段の日常 鍼灸

行動をすることでしか得られない対価の話。@鍼灸師・鍼灸学生さん向け

故障者続出の中でも高い勝率を誇るソフトバンクホークス。1軍のレギュラークラスが抜けても2軍・3軍の選手でカバー出来るのは、それだけ良い素材を獲得し、上手く育成し、自信を付けさせる起用法があるからなんでしょうね。まだまだ強いホークスは続きそうですね。

こんにちは!3日程爪を切らずに伸ばしておくと無性に切りたくなる深爪系鍼灸師のだんじょーです。

今日の黒板はこんな感じでした。

はい。何度かこのブログでもお伝えしておりますが、5月27日(月)~29日(水)は長野県白馬村でおこなわれる食と音楽と体験の祭典「 短パンフェス 」にて「 美容鍼と箱灸 」をおこなうため、休診とさせていただきます。

25日(土)・26日(日)はまだ1~2枠の空きがありますので、メンテナンス希望の方はそちらをご利用下さいね^^

行動をすることでしか得られない対価

「 5月20日(月)はガラガラです 」と黒板に書き、TwitterやInstagramにアップしたのですが、その投稿を見て何人かの方がご予約の連絡を下さいました。

その中に「 鍼灸学校の学生さん( 女の子 ) 」が居たんですね。

連絡いただいたメッセージに「 治療と院内の見学とかも可能ですか? 」という言葉を添えて。

彼女が望んでいるのは「 治療 」ではなく、施術の過程や院内の雰囲気を含めた「 体験 」なんですよね。

おそらくカラダはそこまでしんどくないと思うのですが、それでも5000円というお金を払って「 学びたい 」という姿勢が見えるわけなので、断る義理もありませんよね。

いやむしろ、オジサンはそういう前向きな行動は大好物なので、施術と何を学んで帰りたいかをヒヤリングしてお時間を遣わせていただきました。

▼ご丁寧に「 コーヒーに合う 」おやつも買って来て下さいました

いただけるのはすごくすごく嬉しいですが、いただいてもいただかなくてもしっかり対応させていただきますので、皆さまお気になさらず手ぶらでお越し下さいね。

さて。

ま、こういう一連の流れの中で何が言いたいかというと、こうやって後も先もお金も気にせず「 チャレンジ出来る人 」には、それ相応の対価が巡ってくるよって話です。

○○先生のところで施術を受けたいな、施術代だけで院内見学とかさせてもらったら迷惑かな、大阪からだと○○県は遠いしな、今はお金が厳しいからな…なんて思ってる人も多いと思うんですよね。

すごく気持ちはわかるんですが、そういう人にはやっぱり運も得もなかなかまわってきにくいですよね。

だってね、悩んで悩んで今のその彼女よりもし1年遅れて行動したとしたら「 体験をした後の行動した1年間の差 」が出るわけですから。この差は大きいですよ。

▼ZOZOの前澤さんも良いこと言ってはります

▼もう一個続けてコチラ

ね、真理でしょ。

人の顔色をうかがって、理由付けて行動しない方法を探る前に、自分がホントにやりたいこと、行ってみたいとこ、経験してみたいことがあるなら、後先のことなんて考えずにとにかくチャレンジしてみるべき。

結果なんて気にしてたら何も生まれません。

ボクもね、大学を1年で中退してカイロプラクティックの学校に1年行って、そこで出会った鍼灸の先生のもとへ弟子入りしました。

当時19歳。

弟子入りをお願いしにあがった時に「 うちは給料を払うとこじゃない。おれも弟子時代はそうで、新聞配達して過ごしていた。それでもいいのか? 」師匠から声を掛けられましたが、迷わず「 はい。それでもいいので勉強させて下さい 」と言いました。

そこから4年。

本当にお給料はもらえませんでしたが、20年以上この世界で生きてきた先生の息づかいや施術方法、人としての在り方などをたくさん学ばせていただきました。

今でも何かあれば師匠に相談をしますし、毎年年末には一年の報告として挨拶に伺います。

開業して6年以上が過ぎると、知らず知らずのうちに変わっていく自分や慢心していく自分がどこかに居ます。

そんな時に自分のことを純粋な目で見てくれたり、叱ってくれる人、襟を正せる人が居るというのは非常に大きいことだとボクは思います。

だからこそ、あの時の19歳の自分、「 お金をもらわないので働けねーよ 」と言っていた周りの人たちの声に耳を貸さず、自分の気持ちを最優先に考えてチャレンジした自分に対して「 よくやったな 」って言ってあげたいです。

今は33歳。

もしも今このタイミングで鍼灸という世界に入った人間だったとしても、おそらく無給で弟子入りする道を選ぶはずです。とにかく行動して今の現状から抜け出さないと何にも変わらないですから。

ね、なぜこの業界に入ったのか?自分のためなのか、家族のためなのか、周りの人に喜んでもらうためなのか。

必ず理由がありますよね。だったら、その相手に対して自分がどういう存在であったらいいのかを今一度考えて、ぜひ行動に移してみて下さい。

ボクは行動する人が大好きです。皆さんのチャレンジを応援しています。

本日は以上です!それではまた明日~♪

▼みんな、お灸ひねろうね

 

城東区・段上はり灸治療院は、
血の巡りを改善して「 治すチカラ 」を高め、薬に頼らない健康的なカラダへと
体質を整えていく鍼灸院です

慢性の頭痛や不眠症、
メニエール病などの自律神経症状をはじめ、
美容鍼や妊活に関しては
お力になれる自信がありますので、

今よりもっと生活を明るくしていきたい方は
お気軽にご相談下さいね^^

日々のつぶやきはTwitter
カフェやだんじりなどの好きなことはinstagramにておこなっております
公式ホームページはコチラ

段上 功

段上 功
段上 功
1985年大阪市生まれ。中学時代全国大会に出場するも、野球で右ひじを骨折し、左投げに転向。好きな野球をカラダの不調で楽しめなかった経験から「 一人でもそういった境遇の方を救いたい 」と、医療の道へ進む。明治東洋医学院の講師を務める並川一利氏に弟子入りし、4年間ほぼ無給で本格的な鍼灸治療を学ぶ。その後数々の治療院で経験を積み、2012年10月、生まれ育った町・城東区鴫野で段上はり灸整骨院を開院。頭痛・めまい・不眠の元となる「 自律神経の乱れ 」、生理痛・PMS・不妊の元となる「 ホルモンバランスの乱れ 」を調整する治療を専門におこなう。頑張る毎日を送る方が「 ほんの少し息が抜ける空間 」を作るため、施術はお一人ずつパーソナル、1日7~8名様限定で施術をおこなっている。紹介やSNSを通じて大阪府内だけでなく、関東や九州からも来院。また、だんじりと野球をこよなく愛する「 だんじり祭鍼灸師 」としてSNSでの発信を積極的におこない、ブログは3年4ヶ月以上毎日更新中!SNS・ブログについてのアドバイスや講演も少し。元モデルの長姉、着付け講師の次姉の影響か、オシャレカフェやスイーツに目がない女子力高めな面も。

-仕事への想い, 日記, 普段の日常, 鍼灸