*

SNS お肉 カラダについて ブログ 仕事への想い 日記 普段の日常 自律神経

新しい景色は、チャレンジした人にしか見えないもの。

巨人の菅野投手が2億2千万円アップの4憶5千万円で契約を更改しました。一般ピープルからすると聞いたこともない尋常じゃない数字ですが、来年大ケガをして一生仕事が出来なくなる可能性があることも考えると、決して良い面だけじゃないんだなというのがわかりますよね。

こんにちは!大阪市城東区鴫野にある段上はり灸整骨院、野球好き院長の段上 功(だんじょう いさお)です^^

今日の黒板はこんな感じでした。

はい。今年に入って90回ほど焼肉を食べている肉スタグラマーこと、同級生の浅野広大氏が主催する「 肉会 」なるものに、参加させていただこうと思います!

またブログでも報告出来ればと思っておりますので、楽しみにしていて下さいね^^

新しい景色は決断しないと見えないもの

ボクたち人間って、異様に変革を嫌うんですよね。

今までやってきたことを捨てる決断をする、その上で新しいことにチャレンジする、まだあまり知られていない未知の領域に飛び込むなど、こういう状況に直面した時に「 やっぱり今のままでいいや 」って思っちゃうんですよね。

たとえ今が「 しんどい 」と感じていても。

なぜそこで新しい道へ踏み出す決断が出来ないのかと言えば、それは「 結果 」が見えないから。

先が見えないし、保証がないから「 もしかしたら今のままの方がいいのかもしれない 」と不安に感じ、結局「 安定 」した現状維持という決断をしてしまうんです。

ボクもまだ31年という短い人生の中で、たくさんの大きな決断をしました。

大学を中退して医療の道に進み、無給で鍼灸治療を学びに行き、26歳で開業をし、神奈川県まで会ったことのない人にSNSやブログを学びに行き、保険診療を辞めて自費診療に移行しました。

今想うと、どの決断もボクの人生のターニングポイントになっています。

正直、その決断をした中で「 こんなはずじゃなかった 」なんていう想いもゼロではありませんでした。

ですが、それ以上に学んだもの、掴んだものはたくさんあります。

中退していなかったら今の考え方を持った自分はココに居ないだろうし、弟子入りしていなかったら資格が無くても出来るせんねん灸をすえたり揉んだりするだけの人になっていただろうし、開業していなかったらこんなにノビノビと仕事も出来ていなかったと思います。

また、SNSやブログを学びに行っていなかったら、これだけたくさんの方にボクという存在を知っていただくことも無かっただろうし、自費診療に移行していなかったら治せなかった人、出逢えなかった人もたくさん居たことだと思います。

失敗も成功もしましたし、挫折も学びもありましたが、今想うとそれらすべてが誰にもない、ボクの財産です。

その財産を得る「 経験 」が出来たのは、やりたいと思った時にアクションを起こし、チャレンジする自分が居たから。

今振り返ると「 よーそんな決断したな 」なんて思うこともあります。笑

それに今でもあれやりたいなとか、これやってみたいなと思っても、自分に出来るかな…とか、不安やな…なんて思うことも度々あります。

でも、それが出来るか出来ないか、合うか合わないか、楽しいか楽しくないかもやってみなきゃわからないし「 あかんかったらちゃうことやったらいいし、最悪やめてもいいや 」みたいな風に捉えて、自分が描いたものは極力自分で背中を押すようにしています。

まぁ、人生一回しかないですしね。

嫌なことに目を向けて、やりたいことを我慢して過ごしても一生。

好きなことに目を向けて、やりたいことをやって過ごしても一生。

冒頭の野球選手の話じゃないですが、人間の一生もいつ終わりになるかわかりません。

そう考えると、同じ一生なら少しでも好きなことをやって、楽しいことをやって生きていきたいなってボクは感じます。

もちろん、物理的に出来ない状況に直面することもありますけどね。

それでも可能な範囲で、これからもどんどん行動し続ける自分で在りたいなと思います!

そんな想いをしっかりと持って、今晩も楽しそうな「 肉会 」に参加してまりいます!!

本日は以上です!それではまた明日~♪

 

頭痛やめまい、
不眠や食欲不振などの自律神経症状、
逆子や不妊症、
生理不順や冷え性などでお悩みなら、
城東区・段上はり灸整骨院
日々のつぶやきはTwitter
カフェやだんじりなどの好きなことはinstagramにておこなっております
公式ホームページはコチラ

段上 功

段上 功
段上 功
1985年大阪市生まれ。中学時代全国大会に出場するも、野球で右ひじを骨折し、左投げに転向。思うように好きな野球が出来なかった経験から「 一人でもそういった境遇の方を救いたい 」と、医療の道へ進む。明治東洋医学院の講師を務める並川一利氏に弟子入りし、4年間ほぼ無給で本格的な鍼灸治療を学ぶ。その後数々の治療院で経験を積み、2012年10月、生まれ育った町・城東区鴫野で段上はり灸整骨院を開院。お灸とハリを用いて、頭痛・めまい・不眠の元となる「 自律神経の乱れ 」、生理痛・PMS・不妊の元となる「 ホルモンバランスの乱れ 」を調整する治療を専門におこなう。「 ほんの少し息が抜ける空間 」を作るため、施術はお一人ずつパーソナル、1日7~8名様限定で施術をおこなっている。また、だんじりと野球をこよなく愛する「 だんじり祭鍼灸師 」としてSNSでの発信を積極的におこない、ブログは2年6ヶ月以上毎日更新中!「 鍼灸師 ブログ 」でGoogle検索すると日本で最上位表示されるまでに。元モデルの長姉、着付け講師の次姉の影響か、オシャレカフェやスイーツに目がない女子力高めな面も。

-SNS, お肉, カラダについて, ブログ, 仕事への想い, 日記, 普段の日常, 自律神経