*

日記 普段の日常 趣味 野球

2018年、パ・リーグの優勝予想!戦力分析と注目選手をただの野球好きが、今年も勝手に書きなぐりました。

センバツ高校野球も段々と熱を帯びてきましたね。強豪校が順当に勝ち上がり、前評判を覆すチームが居たり、劇的なドラマが生まれたり。決勝に近づくにつれてそれが色濃くなっていくので、まだもう少し楽しませていただこうと思います!

こんにちは!大阪市城東区鴫野にある段上はり灸整骨院、野球好き院長の段上 功(だんじょう いさお)です^^

今日の黒板はこんな感じでした。

はい。そんなゆるーく楽しく仕事をしている鍼灸師ですが、昨日の記事「 2018年、セ・リーグの優勝予想!戦力分析と注目選手をただの野球好きが、今年も勝手に書きなぐりました。 」 に続いて、パ・リーグ編を書こうと思いますので、野球が好きな方は覗いていって下さいね^^

去年の成績を振り返る

今年の分析を始める前に参考までに去年の成績から。

1位 ソフトバンク

2位 西武

3位 楽天

4位 オリックス

5位 日本ハム

6位 ロッテ

解説者さんの1番人気は日本ハムでしたが、まさかの最下位でしたね。

本当に何が起こるかわからないプロ野球。ではまたこの順番で戦力分析をしていきたいと思います。

2018年のチーム戦力分析

ソフトバンク

言わずと知れた絶対王者。昨年はプロ野球史上5位の94勝という、ぶっちぎりの成績でシーズンを終えたソフトバンク。1軍・2軍・3軍ともに層が厚く、今年も優勝候補の筆頭株。

投打ともにすごいが、ソフトバンクが強烈なのは強打者が多いこと。トリプルスリーを達成した柳田、セ・パ両リーグで首位打者を獲った内川、昨年の本塁打王デスパイネ、そこに加えてベテランの松田、長谷川、中村が居て、成績を伸ばし続けている今宮、上林が居る。破壊力抜群の主力に加え、本多、川島、福田、高田、吉村といった、スタメン・サブのどちらでも可能な使い勝手のいい選手が脇を固める選手が居ることもソフトバンクの強味。

そんな打線に加えて先発投手陣も強力。開幕投手の千賀、昨季16勝の東浜、松坂世代最高の左腕・和田、武田、バンデンハーク、石川、中田と力のある投手が続く。昨季は自慢の先発4人をケガで欠いた時期もあったが、それでも勝率が落ちなかったことを考えると、今年もやはり盤石か。

中継ぎ・抑えも充実して隙がないように見えるが、主力レギュラーの高齢化が進んでいるという面も併せ持つ。昨季もそうであったが、投手・野手ともにシーズンを通して活躍出来ない選手が増えているのが一つの懸念材料。

石川や甲斐のように、若手選手が主力選手を押しのけるような活躍を出来るようであれば、ソフトバンクの優勝は固いのではないか。個人的には2016年のドラフト1位・田中と、背番号134の育成左腕・長谷川宙に期待している。

西武

昨季は驚異的な追い上げを見せ、2位に食い込んだ西武ライオンズ。打高投低のチームではあるが、浅村・山川・中村で形成するクリーンナップの爆発力は12球団随一。

中軸だけでなく、秋山・源田・外崎・金子といった足を使えて小技も出来る嫌らしいタイプの選手が1・2・6・9番に散らばっている打線は相手にとって脅威。

そんな西武の課題はやはり投手。昨季16勝、防御率1.97の成績を残した現役最強左腕・菊池雄星を有するが、多和田、高橋光、ウルフ、十亀、高木といった後に続く先発投手陣がいかに成績の伸ばせるかがカギ。

中でも巨人から移籍した高木の状態が良く、また環境が変わったことも相まって大きく飛躍しそうな予感がある。阪神から移籍した榎田と共に、西武投手陣に新しい風を吹き込むことが出来れば、優勝も狙えるのではないか。

個人的には森友哉が捕手としてどれぐらい出場するのかと、古巣に復帰した松井稼頭央がチームにどれだけ影響を与えるのかに注目したい。

楽天

昨年は開幕から絶好調で、下馬評を覆して大躍進を遂げた楽天イーグルス。ドラフトで獲得した選手たちが順調に育ってきていて、その姿を見るだけでもワクワクするチーム。

そんなチームの屋台骨は何といっても則本・岸の2枚看板。2人が投げる試合は高い確率で試合を作ってくれるという安心感があるので、監督も他の選手も野球がやりやすいのではないか。2人で25勝~30勝ほど稼ぐと考えて、美馬、藤平、安楽、辛島、戸村あたりの先発陣でどれだけの星を重ねられるかが優勝へのカギになる。

中継ぎ・抑えは申し分なく、接戦をモノにできる投手力が備わっていて、打線もペゲーロ・ウィーラー・アマダ―の外国人3選手、茂木・島内・銀次・岡島といった柔らかいバッティングをする頼れる左打者が多くいるので、順当にいけば間違いなく優勝争いに関わってくるチーム。個人的には爆発的な成績を残すであろう藤平、粗削りだが面白い素材のオコエの活躍に期待している。

オリックス

長きに渡って優勝から遠ざかっているオリックス。今年は面白い戦いが見れるのではないか。

まず、昨季のドラフトナンバーワン投手・田嶋を獲得出来たのが非常に大きい。エース金子、西、山岡、ディクソンといった力のある先発陣により一層厚みが増し、今年は主導権を握って試合を優位に進める戦いが出来るようになるだろう。メジャーへ移籍した平野の穴を日本ハムから獲得した増井で埋めることが出来たので、投手陣で言えば課題は中継ぎ。接戦を取りこぼさない野球が出来ることがチームの躍進のカギ。

また打線ではパワフルな打撃を見せる吉田正、かつての本塁打王・T-岡田、助っ人外国人であるロメロとマレーロ、小谷野の中軸に加えて、オープン戦で結果を残した宗、山足が上位を打つことで、ここ数年なかった足を使った野球が出来、結果的に得点力も大きくアップするのではないかと見ている。

名前を挙げた主力がしっかりとケガなく一軍で活躍し続けることが出来れば、3強と言われるペナントレースを面白くしてくれるだろう。個人的には宗、山足の盗塁数がどれほど稼げるかに注目している。

日本ハム

昨季はプロ野球解説者の予想に反して、5位に沈んだ不本意なシーズン。今年も厳しい戦いが続くのではないか。

何といっても投打二刀流・大谷翔平、抑えの増井が抜けた穴は大きく非常に痛い。かつても小笠原、新庄、ダルビッシュと主力が抜けた後に下馬評を覆して地力を見せてきたが、今年もそれに期待したい。

ただ打線に関しては新外国人アルシア、高校生ナンバーワンスラッガーの清宮を獲得したため、さほど影響はないように思える。というのも日本ハムには1番に快速センター西川が居て、4割バッター近藤、中田翔、リーグ2位の本塁打を放ったレアードが中軸に座る。脇を固める松本、横尾、大田、中島、岡、田中賢にも力があり、打線として見た時の嫌らしさ、破壊力は健在。

その意味でも課題は投手力。エースの有原、メジャーで17勝を挙げたマルティネス、上沢、高梨、加藤、ロドリゲス、村田、斎藤と名前は挙がるが、安定した活躍を期待できる選手が少なく、どれだけの白星を積み上げられるのかは未知数。

いっそのこと思い切りが良く、キレの良いボールをテンポよく投げ込む堀を先発ローテーション入れ、起爆剤として使うのもアリではないか。打線は充実しているが、投手陣に関しては何か策を打って出ないと難しく感じる。

そういった面でも、知将・栗山監督の作戦を楽しみに待ちたいところ。個人的にはやはり堀と、東大から入団した宮台、清宮がどれだけ活躍するかを追い掛けたい。

ロッテ

昨季はエース石川が思うような成績を残せず、核を失ったチームはそのまま失速。

そんなチームがおこなった最も大きな補強は、監督とコーチ。かつて盗塁王にも輝き、2000本安打も達成した井口監督のマインドと、そんな選手・井口資仁を育てた金森コーチがタッグを組み、打撃と走塁を改革。まだオープン戦ではあるものの、打率.279、盗塁19は堂々の12球団トップ。

荻野、藤岡、中村、井上、鈴木、福浦、田村と選手を並べて見ても、お世辞にも強力打線とはいえない打撃陣ながらも、粘っこく、一球に食らいついていく野球が出来れば、相手投手陣は嫌がるのではないか。オープン戦の勢いそのままに、開幕からスタートダッシュを切る可能性も十分にあり得る。

ただ、そのままシーズンを乗り切るためには投手力が必要になってくる。現状では10勝を確約出来るような投手が少ないが、石川、涌井、佐々木、藤岡、唐川、二木といった力のある投手が多く、上手くハマれば面白いのではないか。個人的には昨季のドラフト1位安田、2015年・2016年の同1位である平沢、佐々木がどれだけ飛躍できるかに注目したい。

2018年パ・リーグ順位予想

それをふまえて出した予想はコレ。

1位 西武

2位 ソフトバンク

3位 楽天

4位 オリックス

5位 ロッテ

6位 日本ハム

よっぽどのことがない限り、ソフトバンクの優勝は固いと思います。ですが、シーズンは長く、何が起こるかわかりません。選手がケガをすることも、思わぬ選手が突然出てきたり。そんなことをふまえながら出した答えです。

どのチームにも優勝争い、Aクラス争いが出来る戦力があるので、この予想を覆すような結果になるとペナントレースは面白くなるでしょうね。

大好きな阪神に加え、優勝と予想した巨人・西武を含めて、プロ野球全体を応援し、この一年も楽しませていただこうと思います!

はーーー、疲れた。笑

本日は以上です!それではまた明日~♪

※サムネイル写真は、千葉ロッテ、そして習志野を愛する高橋さんからお借りしました。ありがとうございました!

 

城東区・段上はり灸整骨院は、
カラダ本来が持つ「 治すチカラ 」を高め、
薬に頼らないカラダを取り戻していく治療院です

慢性の頭痛や不眠症、
メニエール病などの自律神経症状、

不妊症やPMS、逆子や冷え症などの
婦人科系症状でお悩みなら、
お力になれますので、お気軽にご相談下さい

日々のつぶやきはTwitter
カフェやだんじりなどの好きなことはinstagramにておこなっております
公式ホームページはコチラ

段上 功

段上 功
段上 功
1985年大阪市生まれ。ホルモンバランスの乱れ・自律神経症状を専門に対応する鍼灸師。明治東洋医学院の講師を務める並川一利氏に弟子入りし、4年間ほぼ無給で本格的な鍼灸治療を学ぶ。学生時代、お付き合いしていた女性がうつ病になり、鍼灸とカウンセリングで社会復帰をサポートした経験から、毎日何かに向き合い、頑張る方が「 周りの目を気にせず、ほんの少し息を抜ける場所 」を作るため、城東区鴫野にパーソナル施術の鍼灸院をオープン。完全予約制、1日7名様のみ。紹介やSNSを通じて大阪府内だけでなく、関東や九州、四国からも来院。人とお店を繋ぐ500人規模のフェス「 縁日BBQ 」主催者。大和ハウス様より御協賛。また、だんじりと野球をこよなく愛する「 だんじり祭鍼灸師 」としてSNSでの発信を積極的におこない、ブログは4年以上毎日更新中!SNS・ブログでの発信、鍼灸施術についてのアドバイスや講演も。元モデルの長姉、着付け講師の次姉の影響か、オシャレカフェやスイーツに目がない女子力高めな面も。

-日記, 普段の日常, 趣味, 野球