*

SNS お肉 日記 普段の日常 趣味

誰もがメディアになれる時代。肉スタグラマーと行った福島ツアー。

今日は澤村投手に関するツイートから。

詳細が明らかにされていないからわかりませんが、何か真相を言えない本当の理由があるのかもしれませんね。

こんにちは!大阪市城東区鴫野にある段上はり灸整骨院、野球好き院長の段上 功(だんじょう いさお)です^^

昨日は、肉スタグラマーとしても有名な浅野広大くんと共にコチラへ。

大阪の福島区にある加藤商店さん。

激戦区・福島にあっても、人が絶えない肉寿司が食べられるお店を「 お肉の人 」が案内してくれました。

まぁ、案内と言ってもいつもの光景ですけどね。笑

毎度のことですが、良い写真を撮るためのこだわりがハンパじゃないので、食べるまでに数分掛かります。

で、そんな彼が撮った写真がコチラ。

たしかにこれはそそられますよね。笑

彼がお肉の投稿をすると「 お肉を食べたくなる人 」が続出する意味がよく分かります。

こんな感じで写真を撮ったのも束の間、お店が閉店の時間とのことで、一気に口にかき込みお店を後に。

「 1~2品食べて、すぐに次のお店に行くという『 バルスタイル 』もいいな 」ということで、次のお店へ。

歩いていると雰囲気の良さそうな「 魚がメイン 」のお店を発見し、早速入ることに。

魚を食べるつもりが、お肉を見ると食べたくなるらしく、ミスジのステーキを注文。笑

彼のからだを心配します(笑)

▼その時のツイートはコチラ

食べ始めたスタートが遅かったので、このお店を出た頃にはすでに夜中の1時頃。

さすがにもう帰るだろうと思っていたら…

〆のラーメンならぬ、〆焼肉です。笑

もうね、おもしろくなってきました(笑)

▼お肉の人のツイートはコチラ

また美味しそうに撮りますよね^^笑

そして「 #フォトジェニック 」ではなく「 #フォトジェ肉 」という新しいハッシュタグまで作っちゃいました。笑

誰もがカンタンにメディアになれる時代

彼はたしかに特殊だと思います。笑

Instagramに「 お肉しかアップしない人 」なんて、日本中探しても数人だと思いますし「 彼の投稿を見たい 」という人が1300人以上も居るのもすごいことです。

ですが、彼だけでなく、今はもう誰もがSNSを使って「 情報を届けること 」が出来る時代です。

主として使っていた携帯電話がガラケーからスマホに変わり、内蔵されたカメラの精度も格段に上がりました。

例えて言うならば、全員がデジカメをポケットに入れているかのような時代です。

お店の外観や、イチオシの一品、どんな人がやっているのかなどの情報を、スマホ一つでカンタンに伝えられる時代になりました。

昔はテレビや新聞、広告なんかでしか届いてこなかった情報が、友達や知り合いから次々と届いてきます。

そういった意味で言えば、一度にたくさんのフォロワーさんに情報を届けられる人というのは、今の時代で言えばそれだけで「 価値がある人 」と定義されるわけです。

そして、SNS上でたくさん情報が拡散されるお店は「 流行っているお店 」と認識され、あまり情報が拡散されないお店は、その存在自体が薄く感じられてしまう時代になりました。

だからこそ「 インスタ映え 」なんていう言葉のように、お店を経営する側の方は美味しい料理を提供するだけでなく「 写真を撮りたくなるような仕組み 」を考えるということも、今の時代は大切なんだと思います。

反対にSNSを投稿する側のボクたちは、こうやって写真を撮り、SNSに投稿するという何気ないことを大切にしていくべきなんだと思います。

それも「 仕事として 」とか「 誰かにやれ 」と言われたからというような「 義務感 」とかではなく、面白おかしく、そして楽しく発信するということが大切なんだと思います。

続けているうちにそれがいつしか「 価値 」になり、一種の「 メディア 」のようになってきます。

▲こうやって側面を切り取るとなかなかシュールですけどね。笑

まぁでも、SNSありきで育った世代の子たちが社会を支える時代になった時、今よりきっと「 スマホ 」を有効活用した社会になるはずです。

その時に「 おれらの頃はそんな時代じゃなかったからな~ 」と言って諦める人になるのか「 これ、難しいな~ 」なんて言いながら必死に食らいついて行く人になるのかで、得られる結果も大きく変わる気がします。

もちろんボクは、ブツクサ言いながらも後者で在りたいなと思います。笑

何か書き出すとまだまだ書けそうですが、あまりにもマジメな感じのブログになってきたので今日はこの辺で。笑

「 31歳のオッサン二人が、スマホとSNSを使ってただただ遊んでいた 」という光景をお伝えしたブログは以上です!それではまた明日~♪

 

頭痛やめまい、
不眠や食欲不振などの自律神経症状、
逆子や不妊症、
生理不順や冷え性などでお悩みなら、
城東区・段上はり灸整骨院
日々のつぶやきはTwitter
カフェやだんじりなどの好きなことはinstagramにておこなっております
公式ホームページはコチラ

段上 功

段上 功
段上 功
1985年大阪市生まれ。自律神経の専門家。中学時代、硬式野球で全国大会に出場。右ひじを骨折し、左投げに転向。好きな野球をカラダの不調で楽しめなかった経験から「 一人でもそういった境遇の方を救いたい 」と、医療の道へ進む。明治東洋医学院の講師を務める並川一利氏に弟子入りし、4年間ほぼ無給で本格的な鍼灸治療を学ぶ。学生時代、お付き合いしていた女性がうつ病になり、鍼灸とカウンセリングで社会復帰をサポートした経験から、毎日何かに向き合い、頑張る方が「 ほんの少し息を抜ける場所 」を作るため、1日7~8名様、お一人ずつ個別に時間を取って施術をおこなう鍼灸院を2012年にオープン。紹介やSNSを通じて大阪府内だけでなく、関東や九州、四国からも来院。また、だんじりと野球をこよなく愛する「 だんじり祭鍼灸師 」としてSNSでの発信を積極的におこない、ブログは3年5ヶ月以上毎日更新中!SNS・ブログ・鍼灸についてのアドバイスや講演も。元モデルの長姉、着付け講師の次姉の影響か、オシャレカフェやスイーツに目がない女子力高めな面も。

-SNS, お肉, 日記, 普段の日常, 趣味