*

ホルモンバランス めまい 健康 免疫力 女性のからだ 妊活 産後 睡眠 自律神経 豆知識 鍼灸

自律神経の乱れは、なぜ4月に起こりやすいのか。頭痛、不眠、食欲不振といった症状が出やすい方へ向けた解説ブログ。

エンゼルスの大谷翔平選手がまたまたホームランを打ちましたね。今回は内角のボールも見せられた後の外角の球をしっかりと捉えていました。彼は一体どこまでいくんでしょうね。笑

こんにちは!大阪市城東区鴫野にある段上はり灸整骨院、野球好き院長の段上 功(だんじょう いさお)です^^

今日の黒板はこんな感じでした。

4月は、自律神経の乱れにご注意を

外の気温がかなり寒くなりましたね。先週は上着を羽織らなくても良かったのに、今日は少し厚めの服が必要に。

こんな感じで「 急激な気温差 」があると、しんどくなるのはいつだってカラダ。昨日今日も不調を訴える方が非常に多かったですが、このブログを見て下さっている方もしんどさを感じているのではないでしょうか。

「 暖かい→寒い 」という変化があると、ギックリ腰や寝違え、坐骨神経痛などの筋肉系の症状が出やすくなるのですが、それと共にやってくるのが自律神経症状。

そう言われてもイメージしにくいでしょうが、カラダのだるさ、やる気が出ない、頭が痛い、肩が凝る、夜が眠れない、朝がスッキリ起きれない、食欲が湧かない、胃が気持ち悪い、便がスッキリ出てくれない、カラダが冷える、なんていう症状のことですね。

( 当てはまる方は当院HPもどうぞ )

特にこの時期はこどもさんの卒業や入学、引っ越し、異動など、今までの生活環境と少し違った形になるため、自律神経が乱れやすくなります。

え、でもなんで環境が変わると自律神経が乱れるの?なんていう質問もあるかないかわかりませんが説明しておきますね。

なぜこの時期は自律神経が乱れるのか?

そもそも自律神経というのは、交感神経と副交感神経という「 たった二つ 」しかありません。

その二つの神経とは、カラダを活動させる交感神経と、リラックスをさせる副交感神経です。

交感神経の主な働きは「 活動 」なので、朝起きてから動き出す、家事をする、育児をする、仕事に行く、運動をする、頭を働かせるなんていう時に強く働きます。

で、反対に副交感神経は「 リラックス 」の時なので、ご飯を食べる時、胃や腸が消化・吸収をする時、夜眠る時なんかに働きます。

その二つが上手くバランスをとってくれるからこそ、朝起きて、動いて、ご飯を食べて、また動いて、ご飯を食べて、少し動いて、眠る、なんていう一連の流れをボクたちは何の意識もせずに過ごすことが出来るんです。

要するに、人間は「 活動 」と「 リラックス 」というこの二つで成り立ってるってことです。

ですがこの3月・4月のように、考えること、やらなければいけないこと、不安や心配事などを含めた「 頭を使うこと 」もしくは「 カラダを使うこと 」が増えると、カラダが「 活動的 」になり過ぎて、当たり前に過ごしていることに支障が出てくるんです。

それがさっき挙げた、カラダがだるい、やる気が出ない、頭が痛い、夜が眠れない、朝がスッキリ起きられないなんていう症状ですね。

一口に言うと「 疲れている 」なんですが、もっと厳密にいうと「 活動時間が長すぎる 」ってことなんです。

まぁよくよく考えればわかると思いますが、テレビでドラマを見ている時間も、スマホでゲームをしている時間も、SNSを見ている時間も、ぜーーーーんぶ「 活動 」です。

だからね、大事なのは何でしょう?

そう!「 リラックス 」です!!

活動的になり過ぎたカラダを休めてあげる時間、休息の時間を作ってあげて下さい。

良い香りのするちょっと良い紅茶やコーヒーを飲むのもいいですし、リラクゼーションや鍼灸・整体なんかでカラダをほぐすのもいいですし、鶴見緑地や大阪城公園みたいなところに出て草っぱらでのんびり過ごすのもいいですし、スーパー銭湯なんかでゆっくり過ごすのもアリです。

カラダは活動とリラックスで成り立っているので、一方が過剰になると必ず不調が出てきます。イライラや緊張、ストレスなんかがあると、より一層出てきてしまいます。

出てきてしんどくなるのは他でもなく自分自身なので、無理なく息抜きしながらゆっくり過ごして下さいね^^

本日は以上です!それではまた明日~♪

 

城東区・段上はり灸整骨院は、
カラダ本来が持つ「 治すチカラ 」を高め、
薬に頼らないカラダを取り戻していく治療院です

慢性の頭痛や不眠症、
メニエール病などの自律神経症状、

不妊症やPMS、逆子や冷え症などの
婦人科系症状でお悩みなら、
お力になれますので、お気軽にご相談下さい

日々のつぶやきはTwitter
カフェやだんじりなどの好きなことはinstagramにておこなっております
公式ホームページはコチラ

段上 功

段上 功댊
段上 功댊
1985年大阪市生まれ。中学時代全国大会に出場するも、野球で右ひじを骨折し、左投げに転向。思うように好きな野球が出来なかった経験から「 一人でもそういった境遇の方を救いたい 」と、医療の道へ進む。明治東洋医学院の講師を務める並川一利氏に弟子入りし、4年間ほぼ無給で本格的な鍼灸治療を学ぶ。その後数々の治療院で経験を積み、2012年10月、生まれ育った町・城東区鴫野で段上はり灸整骨院を開院。お灸とハリを用いて、頭痛・めまい・不眠の元となる「 自律神経の乱れ 」、生理痛・PMS・不妊の元となる「 ホルモンバランスの乱れ 」を調整する治療を専門におこなう。「 ほんの少し息が抜ける空間 」を作るため、施術はお一人ずつパーソナル、1日7~8名様限定で施術をおこなっている。また、だんじりと野球をこよなく愛する「 だんじり祭鍼灸師 」としてSNSでの発信を積極的におこない、ブログは2年4ヶ月以上毎日更新中!「 鍼灸師 ブログ 」でGoogle検索すると日本で最上位表示されるまでに。元モデルの長姉、着付け講師の次姉の影響か、オシャレカフェやスイーツに目がない女子力高めな面も。

-ホルモンバランス, めまい, 健康, 免疫力, 女性のからだ, 妊活, 産後, 睡眠, 自律神経, 豆知識, 鍼灸