*

お休み・祝日診療ご案内 城東区や鴫野のこと 日記 普段の日常

コロナで休業8日目となった、大阪の祭好き鍼灸師の現在地。

大阪桐蔭高校から鳴り物入りで入団した中日の2年目、根尾選手。20歳の誕生日を迎えるもお酒よりも野球の練習で頭がいっぱいとのこと。伸びる選手というのはこういう自粛期間も成長するための大切な期間として使えるんでしょうね。

こんにちは!専売特許のウーロン茶飲みから最近緑茶にも浮気し始めた鍼灸師のだんじょーです。以後気を付けたいと思います。

さて。

地元のお店、縁日BBQに出店予定だったお店屋さんのテイクアウト飯を購入し、グルメレポーターかのようにこちらのブログで日々投稿をしておりますが、休業から1週間が経ち、本日で8日目を迎えました。

▼昨日は蒲生のから揚げ屋さん

お仕事を休んで8日目ということですね。

2012年、平成24年だった開業当時から現在まで長期の休みってほとんど取っていなくて、こんなに休みを取ったのは開業以来初めてのこと。

やりたいけど時間がなくて出来なかったことにチャレンジ出来ているので、思っていた以上に有意義に、そしてのんびりと過ごしております。

とはいえ8日間もお仕事がないということは収入がないということで、今現在というよりボディーブローのように後々になってじわりじわりと効いてくるんだろうなと感じております。

緊急事態宣言が出る前の夕方に「 4月12日~4月30日まで休業、5月1日から再開 」と告知致しましたが、今の日本の感染状況を見ると自粛期間の最後である5月6日を超えても、感染者数は減らないはず。

細心の注意を払いながらいつも以上に間隔を空けて、お一人ずつ、また換気と消毒をしっかりと行ないながら5月1日から再開させていただく予定ですが、どこかでまた閉めたり、もっともっと間引き営業をしなきゃいけない瞬間がやってくるだろうなと考えております。

経営者として一番やってはいけないのは「 頼っていただける方が居るこのお店を潰してしまうこと 」なので「 ちょっとやそっとじゃ潰れねーぞ 」という状況を整えておくために、この期間に去年と今年の売上を見返したり入力したりして融資の申請を行いました。

あとは院内を綺麗にしたり、引っ越しした住まいの整理をしたり、母親の病院の送り迎えをしたり、洗濯物を干したり畳んだりしています。

先程もお伝えしましたが、地元や知り合いのお店屋さん、はたまた縁日BBQに出店していただく予定だった飲食店さんの食べ物をテイクアウトしたりもしています。

▼北新地ぎょうざ家さん

収入がないのにテイクアウトするなんて!という人ももしかするとごく少数居られるかもしれませんが、この事態でしんどいのはどこのお店も一緒。みんながお金を遣わなかったらどんどんお店が潰れていく。

▼緑橋・とみ菜さん

普段から、いただいた報酬は出来るだけ知り合いに落とすようにしていますが、こんな時だからより一層そうであるべきなんじゃないかなと思います。

▼富嶽はなぶささん

下を向いてても良い結果や考えには至らないもの。しっかりと今の現状を捉えた上で前を見て、今出来ることに目を向け、命があることに感謝しながらこれからも楽しく過ごしたいと思います。

お仕事に関しては5月1日から再開致しますが、ありがたいことにもうすでに5月1日(金)・5月2日(土)がキャンセル待ち状態となっております。

今ご予約いただいた方はキャンセル待ち、もしくは5月4日(月)以降でのご案内となりますが、おからだで気になる部分があればいつでもご連絡下さいね^^

( 5月4日~6日の連休も、10時~18時の時間帯で開けております )

最後に…。

「 休業8日目 」と書きましたが、ブログとSNSでの発信は緊急事態宣言が出て以降も変わらず一日も欠かさず続けているので、厳密に言えば「 優良鍼灸院 」ではなく「 超・超ブラック企業 」でした。

そんな鍼灸院を営むだんじょーですが、引き続きお付き合いよろしくお願い致します^^

本日は以上です!それではまた明日~♪

 

城東区・段上はり灸治療院は、
血の巡りを改善して「 治すチカラ 」を高め、薬に頼らない健康的なカラダへと
体質を整えていく鍼灸院です

慢性の頭痛や不眠症、
メニエール病などの自律神経症状をはじめ、
美容鍼や妊活に関しては
お力になれる自信がありますので、

今よりもっと生活を明るくしていきたい方は
お気軽にご相談下さいね^^

日々のつぶやきはTwitter
カフェやだんじりなどの好きなことはinstagramにておこなっております
公式ホームページはコチラ

段上 功

段上 功
段上 功
1985年大阪市城東区生まれ。1児のパパ。妊活・ホルモンバランスの乱れ・自律神経症状といった『体質改善』を得意とする鍼灸師。明治東洋医学院の講師を務める並川一利氏に弟子入りし、4年間ほぼ無給で鍼灸治療を学ぶ。学生時代、お付き合いしていた女性がうつ病になり、鍼灸とカウンセリングで社会復帰をサポートした経験から、毎日何かに向き合い頑張る方が「 周りの目を気にせず、ほんの少し息を抜ける場所 」を作るため、地元・城東区鴫野に鍼灸院をオープン。おひとりずつの1日6名様のみ。500人規模のフェス「 縁日BBQ 」を主催。「 だんじり祭鍼灸師 」としてSNSでの発信を積極的におこない、ブログは6年半毎日更新中!SNS・ブログでの発信、鍼灸施術についてのアドバイスや講演も。元モデルの長姉、着付け講師の次姉の影響か、オシャレカフェやスイーツに目がない女子力高めな面も。

-お休み・祝日診療ご案内, 城東区や鴫野のこと, 日記, 普段の日常