*

仕事への想い 城東区や鴫野のこと 日記 普段の日常 町会 鍼灸

町の小さなお店がおこなうべきことと、8年前のFacebook投稿のお話。

セ・リーグ首位を快走しながらトレードで選手を補強し、シーズンオフには13~14人程度の解雇を計画しているという巨人軍。非情なようにも感じますが、常勝軍団で在り続けようとするその姿勢は他球団も学ぶべきものがありますよね。

こんにちは!お色直しの登場曲に小田和正さんを選んだ生粋の昭和人、鍼灸師のだんじょーです。

今日の黒板はこんな感じでした。

Instagram内のネタなのでわからない方も多いかと思いますが、敢えて書きました。

おこぼしがあった場合は係のものを呼んでまいります。( これもわかりませんね。笑 )

8年前に書いた投稿を見て感じること

昨日は9月25日、Facebook先輩が8年前の出来事を教えてくれました。

8年前の10月1日(月)に段上はり灸整骨院をオープンしたのですが、その近況報告をしたのが8年前の昨日だったそう。

結構ギリギリに告知してたんですね。笑

まぁそれもそのはず右も左も工事の進行具合とかも何にもわからない26歳の若造だったので仕方ないですよね。

▼写真も載ってて懐かしくなりました

その投稿の文章の中に「 地域に貢献できる治療家になれるよう 」と書いておりますが、この想いは26歳だった当時の若造のボクも、34歳になった白髪まじりのボクも全く変わりません。

免許さえあれば開業なんてものは誰でも出来るので、そこではなくお世話になった地域の方々に喜んでいただくこと、もうそれしか考えていませんでした。

先日も寝屋川市や堺市の方がお越し下さったように、有難いことに今では地元以外の遠方の方がたくさん足を運んで下さるようになりました。

その方々が鴫野という町を知り、地元のお店を知って、ご飯を食べたり洋菓子を買って帰ったりして下さっていて、想定していた部分とは違う縁を生まれ育った町に届けられていて非常に嬉しい限りです。

皆さまいつもありがとうございます。

町の鍼灸院の院長がやるべきことは売り上げをあげることではなく、どこにでもどんな状況であっても町の方々から「 いっつも○○くん、いるね 」と思ってもらえることだと思うんです。

それが盆踊りであろうが夜警であろうが小学校の運動会であろうが祭であろうが。定食屋さんや居酒屋さんでご飯を食べている時だってそうです。

大事なのは安心とか、信頼とか、そういった部分だと思うんです。

小さな町で細々とお店を営んでいる以上、町を置き去りにして自分さえ良ければいいと過ごすのか、それとも自分が住む町の方々やお店の方が喜んで下さることを主に動いた方がいいのかで言えば、ボクは絶対に後者だと思っています。

そうやって過ごしていれば、本当に何かあった時や、困った時に声を掛けて下さるものです。

SNSの世界では、鍼灸師さんが「 売上をあげる方法 」なんていう投稿やセミナーの投稿をよく目にします。

たしかにそういったことも大事なのかもしれませんが、そこよりもまず、自分を知っていただくことやお店を経営している地域の方々に信頼していただくことの方が大事なんじゃないかなと思います。

長く続いている昔からある町の小さなお店屋さんは皆さまそうやって行動されています。

ボクは周りの方々に助けられて生きてきた人間なので、これまでもこれからも変わらず周りの方々も自分も喜んで下さるような楽しいことを続けていきたいと思います。

丸8年となる10月1日になったらまた同じようなお話をするんでしょうが、投稿を見て思うことがあったので綴ってみました。( だからキミ、ペンを握ってブログ書いてないよね )

本日は以上です!それではまた明日~♪

 

城東区・段上はり灸治療院は、
血の巡りを改善して「 治すチカラ 」を高め、薬に頼らない健康的なカラダへと
体質を整えていく鍼灸院です

慢性の頭痛や不眠症、
メニエール病などの自律神経症状をはじめ、
美容鍼や妊活に関しては
お力になれる自信がありますので、

今よりもっと生活を明るくしていきたい方は
お気軽にご相談下さいね^^

日々のつぶやきはTwitter
カフェやだんじりなどの好きなことはinstagramにておこなっております
公式ホームページはコチラ

段上 功

段上 功
段上 功
1985年大阪市生まれ。ホルモンバランスの乱れ・自律神経症状を専門に対応する鍼灸師。明治東洋医学院の講師を務める並川一利氏に弟子入りし、4年間ほぼ無給で本格的な鍼灸治療を学ぶ。学生時代、お付き合いしていた女性がうつ病になり、鍼灸とカウンセリングで社会復帰をサポートした経験から、毎日何かに向き合い頑張る方が「 周りの目を気にせず、ほんの少し息を抜ける場所 」を作るため、地元・城東区鴫野に鍼灸院をオープン。おひとりずつの1日6名様のみ。紹介やSNSを通じて大阪府内だけでなく、関東や九州、四国からも来院。人とお店を繋ぐ500人規模のフェス「 縁日BBQ 」主催者。大和ハウス様より御協賛。だんじりと野球をこよなく愛する「 だんじり祭鍼灸師 」としてSNSでの発信を積極的におこない、ブログは4年9ヶ月毎日更新中!SNS・ブログでの発信、鍼灸施術についてのアドバイスや講演も。元モデルの長姉、着付け講師の次姉の影響か、オシャレカフェやスイーツに目がない女子力高めな面も。

-仕事への想い, 城東区や鴫野のこと, 日記, 普段の日常, 町会, 鍼灸