*

仕事への想い 日記 普段の日常

2年ぶりに再会した前職場の上司のお話と、店員さんの接客スキルのお話。

矢野監督が中日に在籍していた縁もあり、阪神のキャンプで元中日の山本昌氏と山崎武司氏が選手を指導していましたね。50歳・45歳と、ともに長く野球をやられた方なので、阪神の選手にはすごくためになる時間だったのではないかなと思います。1年でも長く野球選手で居られるよう、しっかりケアをして、またトレーニングをし続けてほしいですね。

こんにちは!中学1年生の甥っ子に足のサイズを抜かれてしまった身長178センチの鍼灸師だんじょーです。

今日の黒板はこんな感じでした。

福岡県から施術に来て下さるので、関西人を代表しておもろいところを見せられるよう、業務に当たりながらも随所に関西弁を多用していきたいと思います。

はい。

「 仕事終わりに電車一本で行けるだろうから 」と、2人を比べた時により終わる時間の遅いボクに配慮を頂き、2年ぶりに会う元職場の上司との飲み会の開催地はJR新福島駅に決まった。

「 好きなお店を選んでいい 」とまるで彼氏が彼女に提案する時のように優しく差し出された4つのお店リストの中に、ボクの好きな「 お肉のお店 」が一つもなかった。

「 普段お肉は良いところに行っているだろうから 」というその配慮が、ボクにとってはこの上なく嬉しい瞬間だった。

そんなボクが声を大にして言いたいことが一つある。

あまり世の皆さまには伝わっていないようだが、実はボクは案外魚も好きなのである。

もちろん焼肉屋さんやステーキハウスで長くアルバイトをしていたようにお肉が好きな事にはウソ偽りないのだが、それに負けないぐらい魚にも愛着がある。

▼迷わず選んだ魚のお店

いやむしろ、魚の方がそれを超越していると言っても過言ではない。いや、もとい、それは少し言い過ぎたので訂正する。

「 蛸ぶつのごま油和え 」が美味しすぎたところで文章を小説風からいつもの感じに戻しますが、昨日は7年程前までお世話になっていた治療院の院長先生とご飯へ。

行こう行こうと話をするもお互い忙しくなかなか実現せず。気付けば2年の月日が経っていました。

▼このブログを見て頂いている方にも旧知の方も多いので、写真を撮らせていただました

神戸市東灘区で産後骨盤矯正の専門治療院を経営されている宮本院長。

神戸のママさんたちが絶大な信頼を寄せ、また圧倒的な実績を残されている方。

お世話になっている頃から一般的な治療家さんと違う視点を持たれていて、近くに居るだけですごく吸収させていただくことが多かったのですが、久しぶりに会った昨日も、

NASAに関わることやライティングのお仕事をしているとか、ホリエモンやキンコン西野さんの視点の話とか、本を売らない本屋さんの話とかばかりで、整骨院の先生がよくおこなう施術や経営の話はほとんど無し。

中でも昨日のお話の中で一番惹かれたのは「 治療家は人を診るお仕事。だからこそ、今の仕事だけ( 先生と患者さんという関係だけ )で毎日を過ごすのではなく、他の業界の方とまた違った立場で会うことも大切 」という言葉。

そして続けてこのお店をリストに入れたのも「 店員さんの接客のレベルが高くて、それを体感してほしかったから 」という理由だそう。ね、思考がフツーの整骨院の先生じゃないでしょ。

ボクは以前の会社に入らせていただく前から「 ( 治らない )ゴリゴリ揉むようなマッサージはしない 」の一点張りのカタブツ人間で、それを受け入れてくれる治療院しか入らないと話していたんですが「 それでいいよ 」と、それを受け入れてくれたのが宮本院長。

昨日も色々とお話をしていて、まさしく会うべくして会った方なんだろうな~と思っていました。

そんな宮本院長と途切れることなく会話を続け、気付けば閉店間際。

「 最後の〆に 」と頼んだ卵かけご飯。

美味しくいただき、お茶碗の中の米粒が無くなり、少し残った醤油だけになったタイミングで、会話を邪魔しないようにと控えめに接客して下さっていた綺麗な店員さんがこう声を掛けてきた。

「 卵かけご飯で〆られましたか? うちのお店、実はわらび餅が名物なんです… 」

間髪入れずに「 じゃあわらび餅追加で! 」とまんまと引っ掛かった声を上げた2人。

「 お店の方の接客スキルの高さ 」を最後に痛感した一日でした。

楽しい時間をありがとうございました!!そして皆さま、宮本院長はお元気ですよ~♪

本日は以上です!それではまた明日~

 

城東区・段上はり灸治療院は、
血の巡りを改善して「 治すチカラ 」を高め、薬に頼らない健康的なカラダへと
体質を整えていく鍼灸院です

慢性の頭痛や不眠症、
メニエール病などの自律神経症状をはじめ、
美容鍼や妊活に関しては
お力になれる自信がありますので、

今よりもっと生活を明るくしていきたい方は
お気軽にご相談下さいね^^

日々のつぶやきはTwitter
カフェやだんじりなどの好きなことはinstagramにておこなっております
公式ホームページはコチラ

段上 功

段上 功
段上 功
1985年大阪市生まれ。中学時代全国大会に出場するも、野球で右ひじを骨折し、左投げに転向。思うように好きな野球が出来なかった経験から「 一人でもそういった境遇の方を救いたい 」と、医療の道へ進む。明治東洋医学院の講師を務める並川一利氏に弟子入りし、4年間ほぼ無給で本格的な鍼灸治療を学ぶ。その後数々の治療院で経験を積み、2012年10月、生まれ育った町・城東区鴫野で段上はり灸整骨院を開院。お灸とハリを用いて、頭痛・めまい・不眠の元となる「 自律神経の乱れ 」、生理痛・PMS・不妊の元となる「 ホルモンバランスの乱れ 」を調整する治療を専門におこなう。頑張る毎日を送る方が「 ほんの少し息が抜ける空間 」を作るため、施術はお一人ずつパーソナル、1日7~8名様限定で施術をおこなっている。また、だんじりと野球をこよなく愛する「 だんじり祭鍼灸師 」としてSNSでの発信を積極的におこない、ブログは2年10ヶ月以上毎日更新中!SNS・ブログについてのアドバイスや講演も少し。元モデルの長姉、着付け講師の次姉の影響か、オシャレカフェやスイーツに目がない女子力高めな面も。

-仕事への想い, 日記, 普段の日常